Actions(アクション)

アクションはアプリの動作を設定する部分です。

AppSheetはAIが優れているため、自動設定でも違和感のない動きを設定してくれます。

アクションを設定すると入力・保存の自動化を行うことができます。作業効率化には欠かせない機能ですね。

今回はアクションの基本操作について説明します!

目次

アクションの基本設定

アクション上部にある+マークをクリックします。

アクション設定画面が開きます。

Action name
アクションに付ける名称です。

For a record of the table
アクションを追加するテーブルを選択します。
1つのテーブルにいくつものアクションを設定することができます。

Do this
アクションは上記の17つから選択することができます。

App
copy this row this row and edit the copy
現在の行をコピーして編集

export this view to a CSV file(not a row-level action)
現在表示しているデータをcsvデータとして出力

go to another AppSheet app
他のAppSheetアプリへ移動する

go to another view within this app
このアプリ内の別のビュー画面に移動する

import a CSV file for this view(not a row-level action)
現在のビューにcsvファイルをインポートする

open a form to add a new row to this table(not a row-level action)
フォームを開いて、テーブルに新しいレコードを追加する

open a form to edit this row
現在のレコードの編集画面を開く

Data
add a new row to another table using values from this row
現在のレコードの値を使用し、別のテーブルの新しいレコードに追加する

delete this row
現在のレコードを削除する

execute an action on a set of rows
いくつかのレコード(リスト)に対し、同じアクションを動作する

set the values of some columns in this row
現在のレコードのカラムを値を変更する(複数も可)

External
go to a website
外部ウェブサイトに移動する

open a file
ファイルを開く

start a phone call
電話をかける

start a text message
SMSメッセージを起動する

start an email
E-mail送付画面を起動する(PCやスマホで基本指定しているメーラー)

Grouped
execute a sequence of actions
作成したアクションを組み合わせることができる
設定の詳細については各タイトルリンクからご参照ください。

Appearance(外観)

Display name
画面上で表示するアクションです。
関数を使って自動で変更することもできます。

Action icon
アクションアイコンを選択します。

Prominence
画面上の表示位置を変更できます。

Behavior/Documentation

Only if this condition is true
アクションの動作条件を関数を使って設定できます。
trueなら無条件で動作します。

Needs confirmation?
アクション動作時に確認画面を表示するかどうかを設定できます。
csv出力などの前の確認画面で使用します。

Confirmation Message
上記でオンにした場合に表示する確認画面の文言を設定できます。
自由記述です。

まとめ

アクションの設定は多いですが、使いこなすことで高機能のアプリが開発できます。

アクション同士を複数組み合わせて、RPAのような自動化ツールも作れたりできます。ぜひ色々試してみて下さい。

AppSheetはGoogleアカウントがあれば無料で使用できます。ぜひご登録ください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる