Format Rules(フォーマットルール)

フォーマットルールは文字の太さや濃さ、色などを変更することができます。

今回はフォーマットルールの設定方法について説明します!

目次

Format Rules画面の説明

新しいフォーマットルールを作るには+マークを押すと、ルールの設定画面が追加されます。
適用するカラムはShiftキーを押しながら選択することで複数選択もできます。
Iconを選択せずにHighlight colorを設定すると色付きの●アイコンが表示されます。
わかりにくいですが、Uppercaseは英小文字を大文字に自動で変換する機能です。
Workflow template formatはエクセルやPDFでアウトプットする際に表示される写真の大きさです。
選択肢は画像幅を示しておりLarge(1000 px)、Medium(600 px)、Small(200 px)、Tiny(50 px)です。

フォーマット条件の例

タスクが完了したらタイトルにフォーマットルールが適用されるように条件を設定しました。
着手前を完了にすることで、自動でタイトルにフォーマットルールが適用されました。

まとめ

フォーマットルールの設定次第で、標準機能では表現できないことも表現できます。

AppSheetはフォーマットルールを使いこなすことで高度なUI/UXのアプリを開発することが可能です。

少しコツが必要かもしれませんが、いろいろと試してみてください!

AppSheetはGoogleアカウントがあれば無料で使用できます。ぜひご登録ください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる