AppSheetの標準機能について

AppSheetは標準で色々な機能を実装することが可能です。公式サンプルでも様々な機能が使用されています。

今回は標準機能について説明していきます。

目次

AppSheet機能一覧

基本機能は無料でも使用できます。アプリ開発に必要な機能はほとんどそろっています。

AppSheet機能一覧

基本的な機能

写真撮影・アップロード

スマートフォン・タブレットでの写真撮影、アップロードをすることができます。

GPS・位置情報の取得

現在位置情報だけでなく、特定位置まで何kmあるかなども自動で取得できます。

バーコード・QRスキャン

バーコード・QRコードをスキャンする機能です。お手持ちのスマートフォンをスキャナーとして使用できます。

電子署名(サイン)

画面上に電子署名をする機能です。

自動化システム

メールの自動送信

データの登録に合わせてメールの自動返信を行います。メール内容の変更も可能です。

プッシュ通知

データの登録、指定時間に合わせてプッシュ通知を行います。内容の編集、押したときのリンク先の変更も可能です。

外部サービス連携

APIを使用して、データが登録に合わせて別のWebサービスに登録が可能です。例:データ登録したらSlackやChatworkに通知など

自動システムの開発

AppSheet関数を利用して、データを自動計算したり、アプリの各種動作をコントロールできます。

多種多様なUI/UX設定

ダッシュボード構築

画面を組み合わせて自分好みの画面を作ることができます。

チャート分析

チャートを表示できるだけでなく、数値の近似曲線なども表示が可能です。

その他

AppSheetそのほか機能

各種デバイス対応

スマートフォン・タブレット・PC(ブラウザ)に合わせて画面調整を自動で行ってくれます。またOSもWindows、Mac、Andoroid、iOSに関係なく使用可能です。

オフラインでの使用

オフラインでもアプリの使用が可能です。オフライン時に変更したデータは、オンラインに復帰後まとめて更新されます。

まとめ

AppSheetにはアプリに必要な機能はすべてそろっています。

強いてあげれば動画のアップロード機能がありません。Youtubeの動画であれば表示させることが可能です。

今後も機能は増えていくと思いますので、楽しみですね!

公式サンプルでも様々な機能が使用されています。ぜひ一度ご覧ください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる